PlaniswareのITアナリストからの評価

プラニスウェアソリューションは、この分野の多くのITアナリストによって年間を通じて評価されています。以下、プラニスウェアについてのコメントです。

Forrester (フォレスター)

The Forrester Wave™: ビジネステクノロジーアジェンダのためのポートフォリオマネジメントツール、2015年第1四半期

プラニスウェアは「現行の提供製品」カテゴリのすべてのベンダーおよび「戦略」カテゴリで最高スコアを獲得し、トップに選ばれました。

世界のトップ50の研究開発費の42%がプラニスウェアソリューションを利用しています。(中略) プラニスウェアは、新製品開発(NPD)のポートフォリオおよびプロジェクトマネジメントと、確立されたポートフォリオマネジメント手法を持つビジネスユーザーに重点を置いています。ベンダーは戦略から実行までの全ライフサイクルを包括しています。

The Forrester Wave™: プロジェクトポートフォリオマネジメント、2009年第4四半期

プラニスウェア社は、プロジェクトポートフォリオマネジメントに包括的アプローチを提供しています。多くのリーダーカテゴリーのベンダーと同様に、プラニスウェア社は、グローバルプロジェクトと、分散チームへのサポートを提供することいより、ベンダーが取るべきビジネスとIT市場の両方で差別化を実現した、バランスの取れたアプローチが特徴です。プラニスウェアは、戦略およびポートフォリオプランニングからプログラムおよびプロジェクトプランニングに至るまで、あらゆるレベルで効率的なプランニング機能を発揮します。プラニスウェア社は、製品開発における長年の経験を武器に、ビジネスおよび製品主導のポートフォリオで特に価値ある選択となります。加えて、確固としたメソドロジーを構築および変更する能力は、大規模なIT組織にとっても有意義な選択肢となるでしょう。

製品開発のためにPPMを再検討する時がやってきた、2009年第4四半期

プラニスウェア社は製品開発分野を中心に事業を展開しており、市場シェアのトップに君臨しています。価値の高い製品テクノロジー戦略機能、ポートフォリオアナリシス、およびその他の経営の意思決定サポート機能を提供し、他の市場参入ベンダーとの差別化を図っています。

ロードマップ:コーポレートポートフォリオマネジメント ― プロジェクトポートフォリオマネジメントの新しい市場、2008年第3四半期

プラニスウェア社には高度に設定可能な製品があり、さまざまな種類のプロジェクト主導型アプリケーション、およびCPMの財務マネジメント要件にかなった財務モデリング機能に対応しています。

Info-Tech Research Group (インフォテック リサーチグループ)

インフォテック、ベンダー・ランドスケープ:エンタープライズ・プロジェクトポートフォリオマネジメント、2012

Info-Tech

プラニスウェアは、資本投資や製品開発ポートフォリオマネジメントを行う大企業向けの確かなPPMソリューションです。多言語を網羅、各種通貨に適応し、幅広いパートナーネットワークを確保した、グローバル企業にとって理想的なソリューションです。

インフォテック、ベンダー・ランドスケープ:エンタープライズ・プロジェクトポートフォリオマネジメント、2011年

Info-Tech

プラニスウェアのソリューションは、強力で包括的、そして高度な設定が可能です。 プラニスウェアは、多数の部門間調整が必要になる大規模製品開発や資本投資プロジェクトの際、特にその力を発揮します。

Gartner (ガートナー)

2016年9月、ワールドワイドなITプロジェクトおよびポートフォリオマネジメントアプリケーションに必須の機能 [レポートのダウンロードはこちら]

  • プラニスウェアは、IT PPMだけでなく新製品開発プロセスでも広く使用されているソリューションであることからお分かりいただけるとおり、アイデアやその他の要件の入力、評価と決定に対応した優れたサポートを実現します。 
  • プログラムマネジメントモジュールは非常に高性能で、ロードマップ、損益計算書(プロジェクトレベルでも利用可能)、プログラムのための協力的な「壁」、バージョンマネジメント、広範囲なドリルダウン機能、文書作成、スコアカード、そして競合分析ページまで網羅しています。
  • ロバストなプロジェクトスケジューリング機能(ガントチャート)が利用でき、Microsoft ProjectやPrimaveraなどの外部スケジューラーとの双方向統合も可能です。このソリューションは、個別の人員配置、役割のアサインといったリソースプランニングを簡単なマウス操作一つで可能にします。

統合ITポートフォリオアナリシス・アプリケーションのGartner Magic Quadrant、2011年第3四半期

  • プラニスウェアは、IT PMOとアプリケーションマネジメント間の連携とコミュニケーションを可能にするポートフォリオマネジメント機能のコアセットを提供します。
  • プラニスウェア社のAPMサポートには、アプリケーションロードマッピング、基本となる要件収集およびリリースマネジメント機能が含まれています。
  • プラニスウェア社は、ITサービスを定義し、その基盤となるコンポーネントをマッピングする、サービスブレイクダウンストラクチャーを自社製品に追加しました。

IT PPM向けGartner Magic Quadrant、2010年第2四半期

  • プラニスウェアは、さまざまなデータベース、ERPシステム、オペレーティングシステム、文書管理システム、要件管理システム、Webサーバー、Webブラウザ、およびプロジェクトスケジューリング/プランニングシステムをサポートするフレキシブルなアーキテクチャを備えています。
  • プラニスウェアでは、追加されたロードマッピング機能により、タイムラインメタファを使用して製品またはIT戦略を計画し、ポートフォリオロードマップ内のエレメントをプロジェクトのスケジュールや製品/アプリケーション・ロードマップ・エレメントに同期させることができます。
  • 顧客は、プラニスウェア社の提供するサポートとサービスをプロバイダの強みであると評価しています。

IT PPM向けGartner Magic Quadrant、2009年第2四半期

  • プラニスウェアを使用すれば、オンラインのレポート機能と統合されたビューからアクセス可能な、スケジュール、コスト、プロジェクトリスクのマネジメントなど、より効率的なプロジェクトマネジメントが可能になります。ポートフォリオマネジメント機能により、ポイント・イン・タイム・データとトレンド・データの両方を分析できます。
  • プラニスウェアのビジネスインテリジェンス機能とレポート作成は製品のすばらしい特徴であるとの声がプラニスウェア社の顧客から届いています。
  • また、プラニスウェア社のサポートレベル、カスタマーサービスに対しても顧客から高く評価されています。

IT PPM向けGartner Magic Quadrant、2008年第2四半期

  • リソースマネジメント機能は、強力なスケジューリングエンジンと、ターゲット市場(特に製品開発)向けに事前設定されたインダストリープラクティスによってサポートされています。
  • 比較的シンプルなニーズを見込んだ場合は、よりフレキシブルなパッケージ、価格設定を選ぶかもしれませんが、プラニスウェアは、製品開発を目指す卓抜したIT組織にこそ最適な製品です。

IDC

IDC MarketScape: ITプロジェクトおよびポートフォリオマネジメント、2010年ベンダー分析

プラニスウェアの強みは、単一のアーキテクチャ、モジュラーデザイン、キーとなる垂直領域へのフォーカス、Webベースのインタフェースに加え、それらの分野を設定可能なところにあります。 IT(PPM)だけでなく、新製品開発や製品ライフサイクルマネジメント(PLM)、コーポレートポートフォリオマネジメント(CPM)も対象としたモジュールにより、プラニスウェアは、さまざまなビジネスユニット間の調整を可能にし、同一データ、レポーティング、メトリスクの活用を促します。[中略]
プラニスウェアは、強力なポートフォリオマネジメントおよびリソースマネジメントに加え、プロジェクト、プログラム、財務のマネジメントという主要分野において優れた機能を発揮します。[中略]

BARC (ビジネスアプリケーションリサーチセンター)

BARC (ビジネスアプリケーションリサーチセンター)、第7版、2013

プラニスウェア5の優れた強みの1つは、高度な設定ができる点です。 [中略] プラニスウェア5は非常にフレキシブルで強力なアプリケーションであり、大規模プロジェクトやプログラムを管理するのに適しています。あらゆる組織の要件にかなう幅広い機能を提供してます。