エネルギー分野におけるプラニスウェア

Planiswareは、エネルギー分野において、資本計画、施設やネットワークの維持管理、研究開発、そして小売プロジェクトに使用されています。

プラニスウェアのソリューションは、エネルギー業界で複雑なメンテナンス作業(EDFおよびVattenfall)の推進、長期資本計画(EDF)の処理、研究開発の管理(IFP、GDF Suez、Aramco)、および流通ネットワークの管理(Shell)に使用されています。
これらのさまざまな環境において、プラニスウェアの主な特長は次のとおりです。

  • シミュレーションとシナリオ計画機能
  • 信頼できる予測のためのパラメトリック推定
  • 成果物管理およびワークパッケージの委任
  • 統合機能

プラニスウェアソリューションにより、標準プロセスの開発、予測と分析に基づいたより適切な決定、そして100%ウェブシステムによるデータへのアクセスが可能になり、運用および保守コストを削減することができました。ソリューションの独自の設定可能性のおかげで、ビジネスプロセスの変化に合わせて簡単に変更することができます。進化し続けるエネルギー業界でプロセスを継続的に合理化するための貴重な機能です。

EDF社SI-IATプロジェクトマネージャー、Jean-Louis Bisiaux氏

 

  • ADNOC
  • Aramco
  • Dalkia
  • EDF
  • Engie
  • GISA
  • HydroQuébec
  • Orano
  • ORE Catapult
  • RTE
  • Siemens Gamesa