エンジニアリングおよび建設

 

エンジニアリングや建設の複雑なプロジェクトでは、巨額な資金・多岐にわたるステークホルダーの管理を行う上でコラボレーションを合理化し、可視化し、成果を最適化することが重要です。Planisware Enterpriseでは契約書、スケジュール、ドキュメント、財務情報等といったデータを単一のプラットフォーム上で統合できます。各種情報へのアクセスを簡略化し、コントロールを最大化します。

Planisware Enterpriseは、エンジニアリング(ABB、アルストム、EDFなど)、 航空宇宙・防衛(CAE、ナバル・グループ、サフランなど) 、建設 (マッキンストリー、DOTs、ワロン地域政府、ヴィンチ・アクシアンスなど) のトップ企業に採用され、建設、メンテナンス、エンジニアリングプロジェクトの管理に使用されています。

 

 

統合されたデータのパワーを解き放つ:
契約書、スケジュール、財務データ、リソースなど、すべてを1ヵ所で管理

契約とプロジェクトの同期 

  • 契約管理とプロジェクトコストの管理を組み合わせることによる、マージンの最大化。契約とプロジェクトの関係の可視化による全最新データの確保と、イベントへの対応、情報に基づく意思決定、コストの効率的な管理の実現
  • 契約要素に基づいたプロジェクトの構造化 による、進捗状況、予算、各主要マイルストーンに関連する成果物の一元管理
  • プロジェクト提案書からの直接の契約書作成により実現する、重要な日付、コスト見積もり、目的、範囲情報の自動による捕捉
  • 変更による影響の把握 - - 契約の変更がプロジェクトの実行やマージンにどのような影響を及ぼすか、プロジェクトの変更が契約にどのような影響を及ぼすかの確認
  • 納期や求められる期限など、主要マイルストーンのステータスの追跡

 

コストの追跡とコントロール

  • ロバストかつ柔軟なコストエンジン: コスト内訳構造、コストの種類、レート表、エスカレーション(時間、場所、その他の要因に基づくレートの調整)の定義
  • 契約上の履行義務をプロジェクト計画のマイルストーン、タスク、イベントにマッピングすることによる、収益認識の合理化。支配権の移転が単一のイベントではない場合、収益を計算するための工事進行基準の適用。サプライヤーやその他のソースからのフルフィルメントコスト(履行義務を果たすためのコスト)の管理と報告
  • アーンド・バリュー・マネジメント(EVM)手法およびレポート作成のビルトインのサポート機能。ANSI/EIA 748の要件および基準の完全なサポート
  • 損益計算書のモデル化による、マージンとキャッシュフローの管理
  • プロジェクトのパフォーマンス評価と、レビューセッションにおけるリアルタイムでの情報提供を支援。タイムリーなコスト情報の集約を実現
  • ERPや会計システムとの統合により計画されたコストのエクスポートおよび実績値が取得可能に
  • 支払い、支出、コミットメント(出資)、ハードウェアや在庫の見積もり額の管理

業界をリードするプランニングのケイパビリティ

  • 現在市販されている中で最も先進的なスケジューリングエンジン100%ウェブ対応
  • 計画段階での根拠の乏しい推量の排除 - 完備されたプロジェクト用テンプレートや構成済みワークパッケージにより容易になる、スケジュールの標準化および事前見積もりの作成
  • ワークパッケージごとのプロジェクトの構造化 と、社内外のチームへの委任。外部チームに対する、スケジュールの担当部分へのアクセス権の付与
  • コストや予算の情報をアクティビティやマイルストーンに直接結びつけることによる、予測可能性の構築と詳細なアナリティクスの実現
  • 主要ドキュメントと仕様書のスケジュールにおける直接統合と、下流アクティビティの前提条件としてのフラグ
  • • ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)による5次元計画:当社のビジュアライゼーション・エンジンが実現する、建物やプロジェクトの3Dモデルとスケジュールの統合による4次元計画。モデルから財務情報への直接的アクセスによる、プロジェクト管理への5次元機能の追加

コミュニケーション、コラボレーション、現場の生産性の向上

  • システム内のプロジェクトデータ、ドキュメント、ディスカッションスレッド、課題やアラート、サードパーティの電子メールやチャットシステムなど、プロジェクトに関わるすべてのコミュニケーションに対して、確実な同期を提供する1つのソフトウェアからのアクセス
  • モバイルアクセスを利用した、外出先や現場からの更新を通じて、よりリアルタイムに計画や図面の参照や注釈、未解決の問題、進捗状況の更新が可能に
  • 関係者や現場担当者とのプロジェクト情報をリアルタイム&シームレスに共有。作業内容の周知、優先事項の設定、緊急課題や最新ステータスの伝達
  • すべての情報が統合された単一システムでの検索による、クレーム調査の迅速化。プロジェクト期間中または終了後にいつでもアクセス可能。
     

予測の微調整とリソース配分の最適化

  • 組織構造、スキル、ロケーション、レート、稼働率など、リソースプールの詳細モデルの作成
  • 計画におけるリソース予測の精度と正確度の向上。プロジェクトやアクティビティの変数による、パラメトリック推定を用いた即座の需要の算出。負荷分散プロファイルとプロジェクト固有のリソース価値化モデルの構築および適用
  • リソースの需要とキャパシティをプログラムやポートフォリオレベルで比較することによる、人員配置リスクの特定、プロジェクトの優先順位付けの周知、配分の最適化。中長期的な需要見積もりを調整するための、期待成功率の適用
  • プロジェクトやポートフォリオの決定に先立つ、コストおよびスケジュールへの影響のシミュレーション
  • 異なるレートを適用した、外部リソースの統合。クロスチャージと社内向け請求書の作成に使用する、社内外のコストユニットの設定が可能に
  • 実際の作業時間の追跡による、リソースに関する予想外の枯渇の明確化、将来の見積もり正確度の向上、請求書発行の効率化

 

 

 

エンジニアリングにおけるPlanisware導入実績

  • ABB
  • Aliaxis
  • Alstom Transport
  • ArcelorMittal
  • Battelle
  • Bosch
  • CAE
  • Comau
  • DGA
  • Die Bahn
  • DoT Michigan
  • DoT Montana
  • EWI
  • FCB Ciments
  • Hydro-Quebec
  • Landesbetrieb Strassenbau NRW
  • Martin Baker
  • McKinstry
  • Millicom-Tigo
  • Naval Group
  • NKT
  • OSAKI/EDMI
  • Parker Drilling
  • RATP
  • Safran
  • SNCF Réseau
  • Trumpf
  • Vinci Energies
  • Williams International

 

Planisware Enterpriseのデモや資料をご覧ください
オンデマンド・デモとブロシュア