ガートナー社による評価

一見、PPMツールは似たような特徴や機能を持っているかのように思えるため、購入者が、どのソリューションが自分のニーズに最適なのか判断するのは容易ではありません。

“Critical Capabilities for IT Project and Portfolio Management Software Applications, Worldwide”誌で、ガートナーのアナリストである、テレサ・ジョーンズ氏、ダニエル・B・スタング氏、ロバート・A・ハンドラ氏は、IT PPMベンダーの主要機能を特定し、評価しています。購入予定者はこの調査を使って、既にあるツールのセレクションと、ソリューションをどのように使用していきたいかを照らし合わせることができます。

プラニスウェアは3つのケースで評価されました。ITプロジェクトポートフォリオの投資ガバナンス」、「ITプロジェクトポートフォリオの実行」、「そして突発的なIT作業およびプロジェクトマネジメント」の3点です。このレポートにて、PPMソリューションのさまざまな利点をご覧いただき、御社のニーズを満たすためにどの機能が重要かを判断し、プラニスウェアが他のベンダーと異なる点をご確認ください。

 

ガートナー社は、出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを保証するものではなく、テクノロジユーザーに対して、最高の評価またはその他の指定を得ているベンダーのみを選択するようにアドバイスするものでもありません。 ガートナー社の出版物はガートナー社の研究組織の意見で構成されており、事実の表明として解釈されるべきではありません。 ガートナー社は、商品性または特定の目的への適合性に関するいかなる保証も含め、この調査に関して明示されたものまたは暗示するものを問わず、すべての保証を致しません。