リーンソフトウェア開発【lean software development (LSD)】...リーン開発、リーン・ソフトウェア開発、リーン開発手法 (LSD)
ソフトウェア開発における効率的な管理原則や手法の応用ソフト/プログラム。リーンソフトウェア開発はアジャイルアプローチの一部と考えられており、1つまたは複数の他の方法と組み合わせて使用されることが多くあります。
 
リーンソフトウェア開発は、シンプルさと経済の原則(無駄の排除、迅速な提供)、プロジェクトの全体的な統合感(完全性と品質の確保、全体の最適化)、継続的な学習と改善(短いイテレーション、継続的なテスト、チームとユーザーからのフィードバックを使用)、(コミットメントの遅延とフィードバックの迅速な統合による)不確実なリスクの低減、(チームメンバーに権限を与え、顧客を中心的な位置づけにする)人に重きを置いた主義で成り立っています。