スクラム【scrum】
小規模なアジャイルプロジェクト管理フレームワークは、そのシンプルさと柔軟性のために非常に人気があり、技術的な慣行を規定していないため、他の方法と組み合わせてよく使用されます。
 
スクラムは、30日間のイテレーション(「スプリント」と呼ばれる)と小規模(4〜9人のメンバー)の自己組織化チームを使用して、最高のビジネス価値を備えた機能的なソフトウェアを提供します。 スプリントの前に、チームメンバーは実装する必要があるバックログアイテム(スプリントバックログ)を選択して確認します。 スプリント中、各チームは毎日会議を行い、前回の会議以降に達成されたことと、優先的に処理または管理する必要がある障害について話し合います。(デイリースクラム) スプリントバックログがなくなり、新しいリリースを作り出せるようになると、管理者は開発を終了し、チームは必要なテスト、ドキュメント、トレーニングを実施します。