ウォーターフォール手法【waterfall methodology】...ウォーターフォールモデル、ウォーターフォール開発、ウォーターフォール型、ウォーターフォール型開発
プロジェクトがフェーズに分割された状態で、滝が下方に向けて一定の流れで落ちていく様と似た形態で順次続いてく製品開発方法のこと。
 
古典的な開発順序は、分析(または要件収集)、設計、実装、テスト、メンテナンスの5つのフェーズで構成され、それぞれチェックポイントと成果物とともに終了します。
 
アジャイル開発とは異なり、プロジェクトは現在のフェーズが完了するまで次のフェーズに移行できません。また、プロジェクト全体をゼロから開始しない限り、前のステップに変更を加えることはできません。 各ステップは詳細に文書化されており、チームメンバーが変更された場合にもプロジェクトの継続性は確保されています。全体的なプロセスは、体系的アプローチにより、当初より最終製品の明確な外観イメージを作成することを可能にします。