ホワイトペーパー:アジャイル・ステージゲート

スクラム (scrum)、スプリント(sprints)、かんばん (Kanban)、ニコニコ(Niko Niko)…これらの単語は、アジャイル方式が定着したソフトウェア開発環境において限定的に使われてきました。しかし最近、新しいテクノロジーをいち早く利用する企業や、大手製造会社などが、新製品開発のプロセスにアジャイル方式を試験的に転用し、新たな価値を見出しています。

迅速な新製品開発のために両システムの長所を組み合わせたアジャイル・ステージ・ゲート・ハイブリッド、ロバートG・クーパー博士
ダウンロード

初期の結果は、従来のゲーティング手法と組み合わせたアジャイル方式を活用することで製造会社に大きな潜在的利益をもたらしうることを示しています。例えば、従来のゲーティングシステムと比較すると、市場投入までの時間は30%程度短縮されます。


では、アジャイル・ステージゲート ハイブリッドシステムが機能する理由は何でしょう。この新しいアプローチで実現する初期成果は何でしょう。そして、何より、アジャイル方式と従来のゲーティングシステムを用いた、企画から市場投入までのプロセスを自社内でどのように組み合わせるのでしょうか。

ここでしか手に入らないホワイトペーパーで、アジャイルメソッドの原則と新製品開発におけるこのアプローチの利点をより詳しくご覧ください。