プロジェクトエコノミー:課題と機会

今後5年間、世界中でかつてないほど多くのプロジェクトが行われることになります。大きな打撃となった世界的パンデミックの危機を乗り越え、経済、医療、公的介護、そして社会全体を再構築することは、人類にとって前例のない経験となるでしょう。

マッキンゼーによると、各国政府は、危機発生からわずか2カ月の間に10兆ドルの復興資金の投入を発表しました。これは2008年から2009年にかけての金融危機への対応の3倍に相当します。数百万件のプロジェクトが立ち上がり、数百万人のプロジェクトマネジャーが必要になります。しかし、このような明るい見通しにもかかわらず、いくつかの重大なトレンドによって、この40年にわたり私たちが学んできたプロジェクトマネジメント職の存続が危うくなります。ロドリゲスは、彼の言う「変化によって前進する新しい世界」へと導く上で、プロジェクトマネジメント職が果たしうるユニークな役割について語ります。

本ウェビナーでアントニオ・ニエト・ロドリゲス論じるトピックは、主に次の3つです。

1. プロジェクトエコノミー

2. プロジェクトマネジメントの再生

3. 本物のゼネラリストが必要とされる理由