プラニスウェアデモ:医薬品開発計画

医薬品開発計画プロセスをサポートするためにプラニスウェアが使われる理由

プラニスウェアデモ:医薬品開発計画
Watch demo video

本デモ動画では、架空の製薬会社が追加臨床試験の実現可能性をテストするという設定で、バイオ医薬関連企業のお客様がプラニスウェアを使用して医薬品の開発計画をする場合の例を紹介しています。

この25分間のデモでは、以下の例をご紹介します。

  • ポートフォリオ・タイムライン・ビューで、プログラムの全ポートフォリオを視覚化する
  • マルチ・レベル・プランニング機能で、部門横断的な計画(クロス・ファンクショナル・プラン)および詳細な部門計画(ファンクショナル・プラン)を結び付ける
  • リソース・キャパシティ・ボトルネック機能を用いて、ある特定の部門の、全ポートフォリオの業務量からリソースに関する問題を予測する
  • What-If・シナリオを使いて、リソースに関する問題を解決する方法を導き出す
  • アルゴリズムを使いてリソース デマンドをモデル化する
  • 患者登録コストモデルの例を用いて、臨床試験のコストカーブをモデル化する
  • プログラム・ヘルス・ダッシュボードで、プログラムのスケジュール、リソース、およびコストの進捗状況を、最新の承認計画と比較する
  • 高性能な統合ビジネス・インテリジェンス・ツールであるプラニスウェア・エクスプローラーを用いて、データをシステム内外で所有する