製品デモ:PPMインテリジェンスを使って先を見越した意思決定を推進

プラニスウェアでは、プロジェクト、リソース、予算およびポートフォリオに関する意志決定を行うために必要かつ重要な情報を素早く手に入れることができます。

製品デモ:PPMインテリジェンスを使って先を見越した意思決定を推進
Watch demo video

多くの組織において、データは複数のシステムに配置されています。どのシステムも様々な形式で、異なる想定のもとでサポートされており、同じデータに対して異なる意味合いが設定されていることもあります。さらに、保存されていたデータが古くなることもあります。例えば、最終承認時点でレポートデータベースに最終入力されたデータは、それ以降意味合いが更新されるということもあります。

プロジェクトチーム、財務チーム、ファンクショナルチーム、およびポートフォリオチームは、当社のPPMインテリジェンスソリューションであるプラニスウェアエクスプローラー(PEX)を活用して、プラニスウェアに入力されているリアルタイムのシングルソースPPM関連情報にアクセスできます。このようにして、プラニスウェアビジネスユーザーは、最新の最も関連性の高い情報に基づいてプロジェクトとポートフォリオに関する決定を可能にする見通しを立てることができます。

 

プラニスウェアV6の機能例:

  • KPIを定義する. 決定を下すために現状を正確に把握しなくてはなりません。インディケータが現状をお知らせし、さらに重要なことに、向かう方向のトレンドをお示します。.
  • ステークホルダーに情報提供する. システム外同様に、システム内で、他のユーザーに情報を公開することができます。
  • ベストプラクティスレポートに簡単にアクセス可能. プロジェクトおよびプログラムの状況レポートに加え、戦略計画に関するいくつかの典型的なレポートを参照できます。
  • 独自のレポートとダッシュボードの構築. リアルタイムでプランニングデータにアクセスし、独自のダッシュボードでシンプルもしくは複雑なクエリを実行することにより、新たな洞察を得ることができます。