Planisware 製品デモ:ロードマップを使用するケース

ロードマップがどのように機能し、どのように活用できるか、4つの使用ケースを見てみる。

Planisware 製品デモ:ロードマップを使用するケース
Watch demo video

 

ロードマップは、ポートフォリオ、プログラム、製品およびプロジェクト横断的に戦略的取り組みをコーディネイトする際に役立つ戦略的プロセスであり、ビジュアルコミュニケーションツールであり、プランニング技術です。

ロードマップは、当初は製品開発部門で使用され、多くの場合、ハイテク分野で採用されてきました。最近ではエンジニアリング業界やIT関連企業で多く採用されています。

ロードマップを定義することで、目的と、市場関連ドライバーがどのように成功要因(製品、プラットフォーム、テクノロジー、プロセス、人材)にリンクしているのか、どうすれば限られたタイムフレーム(多くの場合、長期に渡る)のなかで達成できるかを可視化できるようになります。

この30分間の動画では、プラニスウェア エンタープライズの様々な実装経験をもとに、ある組織がロードマッピングツールを用いた以下の事例をご覧になれます。

  • 企業戦略の伝達と普及
  • ビジネスユニット横断的および製品ライン内で、テクノロジー、製品、マーケティング関連イベントを計画する
  • 様々なシナリオにおけるインパクトを検証し、潜在的リスクに対処するために最適のシナリオを特定する
  • 重要なプロジェクト情報を視覚化する