製品デモ:新製品開発にアジャイルとステージゲートを組み合わせる

アジャイルの技術がどのようにしてステージゲートのプロセスに組み入れらるのかを示す実践的な例を紹介

製品デモ:新製品開発にアジャイルとステージゲートを組み合わせる
Watch demo video

アジャイル手法の適応力とスピードを、ステージゲート法の統制手法、リスク軽減手法と組み合わせることができたとしたらどうでしょうか。

近年、 ロバート・G.・クーパー博士 はいくつかの主要なNPD(新製品開発)企業と協力して、新製品開発プロセスを促進するため、アジャイル手法を従来のゲーティングアプローチに統合してきました。クライアントからの変更要求への迅速な対応、チームコラボレーションの改善、および開発期間の短縮など、初期の結果は好評でした。

クーパー博士がマスタークラス「ステージゲートとアジャイルを超えて」で発表したケーススタディをモデルにしたこのデモンストレーションでは、クロスファンクショナルチームがステージゲート手法のフレームワーク内でアジャイルメソッドを使用し、新製品の開発を管理する方法例を紹介します。
 

チームメンバーの目線でご覧ください:

  • ロードマップによって、個々の製品が全体像にどのように適合しているかを確認する
  • 必要なストーリーのバックログを確認する
  • 各スプリントの内容を計画する
  • チームメンバーにタスクを割りふる
  • プロジェクトの進行に合わせて進捗をトラッキングする

注: このデモは、Planisware Center for Excellenceを通して発表されたロバート・G.・クーパー博士のアジャイルステージゲートハイブリッドモデルをもとに作成されました。