プラニスウェア、収益ベースで戦略ポートフォリオ管理(SPM)の大手に認定

プラニスウェア、独立調査会社から大手SPMプロバイダーに認定

新製品開発(NPD)、エンジニアリング、IT企業向けプロジェクトやプロダクトポートフォリオ管理(PPM)ソフトウェアソリューションの世界トッププロバイダーであるプラニスウェアは、フォレスターの最新のレポート、「Now Tech:2019年第3四半期、アジャイル企業向け戦略ポートフォリオ管理」において、収益ベースで大手SPMプロバイダーに認定されました。

世界トップの調査・顧問会社、フォレスターは、SPMを「エンタープライズ戦略計画を製品やサービス計画に自動的に変換し、作業構想の優先順位決定と実行により実際のビジネス価値をもたらす技術」と定義し、「SPMは会社全体の分析、コミュニケーション手段として機能している」と述べています。*「Now Tech:2019年第3四半期、アジャイル企業向け戦略ポートフォリオ管理」レポートでは、戦略ポートフォリオ管理ツールおよび関連セグメント、戦略的計画ソリューション、チームツールの3つのマーケットセグメントが考察されています。 

プラニスウェアの主力商品、プロジェクトポートフォリオ管理ソリューションのプラニス・エンタープライズは、戦略ポートフォリオ管理ツールの主要機能性セグメントにリストアップされ、下記カテゴリーでは「高いセグメント機能性」と評価されています。

  • アジャイル型財務、リソースキャパシティプランニングのサポート
  • 製品管理能力
  • 統合ロードマッププランニング
  • データの可視化と分析
  • プログラム管理サポート
  • KPI設計とレポート機能

プラニスウェアのPierre Demonsant共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は、このように語っています。「フォレスターで「大手」に入るSPMプロバイダーには共通する3つの重要な特徴があります。1つ目は市場での経験の長さ(20年以上)、2つ目は強力な顧客基盤、そして3つ目はクラウドデリバリーやアジャイル管理業務など最新の業界トレンドを取り入れた確固たる商品です。フォレスターの最新リサーチでプラニスウェアが大手SPMプロバイダーにランクインしたのは、弊社のこれまでの成長と、製品開発の証でしょう」

フォレスターのレポート、「Now Tech:2019年第3四半期アジャイル企業向け戦略ポートフォリオ管理」の全文は こちら (会員のみまたは有料となります)。

プラニスウェアのPPMソフトウェアソリューションは、戦略から計画、実行まで、企業全体の業務プロセスをサポートします。プラニスウェアは消費財、IT、エンジニアリング、自動車、航空宇宙・防衛、ハイテク、化学、ライフサイエンス、エネルギーなど様々な主要産業で、全世界で数十万人ものユーザーが使用しています。プラニスウェアについての詳細は コンタクトフォーム  もしくはメール: info-japan@ift-planisware.comよりお問い合わせください。

* 「Now Tech:2019年第3四半期アジャイル企業向け戦略ポートフォリオ管理」2019年8月23日 フォレスター・リサーチ