PPMソフトウェアPlanisware Enterprise の主要機能のご紹介

ロードマップの作成及び予算配分


戦略的目標の定義、またその目標達成に焦点を当てたロードマップ作成を支援します。

マイルストーンと成果物を統合することで、各プロジェクトの進捗状況を正確に把握できるようになります。また、数あるプロジェクトに優先順位を付けることでより適切な予算配分が可能になります。

予算規模を明確にし、予想と実績が一致していることを確認します。
 

plwesc7_bucket_investments_scenario_comparison_0.png
plwesc7_projects_score_comparison (1).png (

ビジネスケースからシナリオ比較および最適化まで

プロジェクトプロポーザルを定性的属性(スコアカードにより標準化されたもの)と定量的指標(キャッシュフロー、NPV、ECVなど)に対して評価します。

予算とリソースの制約内でプロジェクトの適切な組み合わせを見つけ、高価値を生む、バランスの取れた、御社の戦略に沿ったポートフォリオを実現します。

効率的フロンティア のような先進的テクニックによる支援を受けて、精巧な投資シナリオを作成し、それを御社の戦略軸と比較します。御社を取り巻く状況の変化に応じて、計画を調整し最適化します。

リソースプランニング

リソースのボトルネック、需給、キャパシティの可視化により、過剰配分されたリソースやあまり利用されていないリソースを直接特定できるだけでなく、最も重要なプロジェクトに必要なリソースが適時に確実に配分されるようにできます。

プロジェクトの優先順位などの情報に容易にアクセスできると、リソース管理者はトレードオフやプロジェクトのタイミングの判断を迅速に行うことができます。what-if分析ツールを使用してリソースの変更をシミュレーションし、難しい決定を下す前にプロジェクトポートフォリオ全体にわたる影響を検証することができます。

リソーススケジュールのキャパシティ、需給、実績フレームワークは、組織のリソースの稼働状況、プロジェクトの進捗状況、リソースの消費、将来の作業を可視化します。

plwesc7_timeshift_resource_management (1).png
SC_ENT_Epic_Kanban (1).png

チームにもポートフォリオにもアジャイル開発手法を活用

企業レベル:戦略的テーマに資金を投入し、アジャイルおよび非アジャイルの両作業でポートフォリオの優先順位をつけ、活動の流れを調整します。

主要な取り組みや作業をアジャイルプログラム(またはSAFeフレームワークにおけるトレイン)へと構造化します。重みづけされた最短作業から着手(WSJF) の手法を使用して機能の優先順位づけを行い、ポートフォリオかんばん(Kanban)方式 で進捗状況を追跡します。

チームレベル:アジャイル開発手法を採用し、チーム、機能、ストーリー、スプリント、かんばんを通じてプロジェクトを管理します。

作業が歩調を合わせ共時的に達成されるようにします(たとえば、プログラムインクリメントおよび、プログラムインクリメントプランニング)。

さまざまなチームが遂行する機能/ストーリーの間の相互依存性を管理し、バックログと進捗状況の統合的ビジョンを提供します。

リソースの見積もりから配分まで

テンプレートからリソースの当初需要量を策定し、初期段階の見積もりの信頼性を高めます。プラニスウェアのパラメトリック推定 や、アナロジーまたはAIベースの推定ツールによる見積もりを使用して、専門担当者が予測を微調整するのに役立てます。

役割ベースの簡易ワークフローと指定リソースレベルの予測報告書を活用し、御社のワークフローを迅速かつ効果的に管理します。

plwesc7_resource_bottleneck_analysis (2).png
plwesc7_program_profit_loss (1).png

財務

ビジネスプランを構築し、予算を策定します。計画の進展に応じて、関連するプロジェクトからの費用および支出を統合し、見積もりを修正します。

ビジネスインテリジェンスおよびアナリティクス

アドホックな報告とダイナミックなデータ分析を通じて、リアルタイムのデータを調査します。例外を管理し、適切なレベルまで細部を掘り下げて問題解決に役立てます。

plwesc7_portfolio_executive_summary (2).png
plwesc7_project_dashboard_status_report (3).png

プロジェクトのスケジューリング

プラニスウェアはスケジューリングについて、先進的ガントチャート エンジン、PERT図、WBSを構築する手段を提供するとともに、アーンド・バリュー やステージゲート方式をサポートします。

コラボレーションとコミュニケーション

ワークボックス、ソーシャルフィード、ドキュメント、問題点:すべての関係者が状況を把握し、効果的なコミュニケーションを実現できるように、情報を確実に一元管理して共有します。

plwesc7_workbox_-_naomi (2).png
plwesc7_sprint_planning (1).png

アジャイル開発

組織全体に展開できる設定可能なアジャイルフレームワークにより、あらゆる状況下において機敏に対応できるようになります。アジャイル開発に関連した多様な方法論のレパートリーとSAFeのサポートにより、最適なビジネス・アジリティを推進することができます。

画像
Project Controls & Engineering

Program, Construction Projects or Capital Asset Management -- Our demos in the engineering world.

See all videos

画像
Product Development

Our 6-part Product Development Series explores Phase Gate, Hybrid Agile, Strategic Planning, and more. 

See all videos 

画像
IT Projects

Watch how IT organizations can streamline their project activities from portfolio to execution.

See all videos

Scaled Agile

SAFe 認定パートナー

Planiswareは、ポートフォリオレベルおよび運用レベルでアジャイルをサポートします

ISO

ISO 27001 認定取得

PlaniswareはISO 27001 認証を取得しています。また、 AICPAの認定も受けており、SOC 1 & 2 の標準をクリアしています

SAP

SAP認定取得

Planisware Enterpriseは、信頼性とパフォーマンスにおいてSAPの認定を取得しています