アジャイル開発 【agile metholodogy】 …アジャイル型開発技法、アジャイル開発手法

プロジェクトチームが最初はシンプルなプロジェクトデザインで開発をスタートし、イテレーション(反復、1回の開発期間)と呼ばれる短期間のサイクルで開発を繰り返すことで機能追加していくソフトウェア開発の方法です。
各イテレーション終了後にもたらされた更新・テスト済であり出荷可能なソフトウェアについて、ユーザー、チーム及び外部関係者からのフィードバックを取り入れることで、プロジェクトステークホルダーは次のイテレーションの内容を決めます。

ウォーターフォール開発と異なり、アジャイル開発はプロジェクトのどの段階での変更にも対応でき、ユーザーや顧客からのフィードバックを早い段階で吸収できます。これにより、顧客の期待や市場の現実的なニーズを踏まえた製品を完成させることができます。