ロードマッピング手法【roadmapping】...目標達成技術
複雑な問題の全体像構築を目的として、長期的なニーズに対応するためにとられ得るあらゆる方法をマッピングする、視覚的な計画手法。
 
ロードマッピングの極めて柔軟な性質上、2つのロードマップが同一になることはありませんが、両者は長期および短期のニーズ、ドライバーの変更、内部および外部の制約、パフォーマンスターゲットなど、同じ要素を共有します。
 
ロードマッピングは、企業(または業界)が急速な技術的変化、破壊的な競争、業界を超えたパートナーシップに直面した際、とりわけ役立ちます。最終結果に影響を与える得るすべての重要な要因と目標を可視化し、より効果的に、ビジネスに適う意思決定することができるのです。